MBAを取って役立つ職種は?

MBAを取得するとどんなことに役立つのか?MBAではどんなことが学べる? - MBAを取って役立つ職種は?

MBAを取って役立つ職種は?

yukyfkuf
MBAはこれまでは企業に勤めていた人がキャリアアップを狙い、留学して取得するのが主流でしたが、最近では日本国内でも取得できるビジネススクールが開設されています。働きながら国内でMBAを取得することができるようになったことでより身近なものとなったわけですが、気になるのが、取得した後のメリットですよね。
キャリアアップにつながることは確かですが、どのような業種に有利になるのか、自分の働いている業種でも役立つのかを知ることは、MBA取得を目指すうえでも重要なポイントとなると思います。MBAの取得がどのような業種に役立つのかを紹介していきます。

MBAの教育科目は幅広い

MBA教育の内容は、一つの専門分野ではなく幅広い知識を培うものとなっています。マーケティング、情報管理、会計学、定量分析、経済学、財政学、組織行動、人材資源管理など、経営に関することを通常2年間かけて全般的に学べるので、経営に関しての知識はプロ並みといえるでしょう。
でも、MBA取得者に求められるのは、経営の知識だけではありません。むしろ、知識よりも求められるのがリーダーとしての素質です。膨大な知識を自分の中で上手に処理しながら、素早い問題解決に向けた判断力や洞察力などが何より求められています。
MBA教育を受けた人は、どうすることが企業にとって一番良いことで、成功をもたらしてくれるのかどうかを瞬時に考えて、行動する力を持っているので、企業を引っ張る希望の星となるのです。MBA取得者が社内にいるというステータスは、他企業にも高く評価されるので、最近では、企業が費用を負担して、社員にMBA取得を目指すように促すことも少なくないようですね。
それだけお金をかけても、留学後に投資以上の仕事をしてくれることが分かっているので、企業もお金を出すのです。企業が一個人に大きな期待ができるくらいMBAを取得することで得られるものは大きいといえます。

どんな業種で役立つのか

MBAは幅広い知識をつけることや、単なる知識だけではなく、リーダーシップをとれる人間性が育てられているということから、税理士や弁護士、会計士などのように特定の業種に限定した専門業務ではなく、幅広い業種で力を発揮することができるというのが特徴です。
MBAの本場はアメリカだということもあり、外資系の企業で優遇されることは多いですが、どんな企業でも「MBA取得者」に関しては一目置いていることでしょう。業種を制限せず自由に選択できるのもメリットだといえるでしょう。幅広く活躍の場があるということは、転職もしやすいですよね。

MBA取得者の中にも強い分野と弱い分野がある

同じMBAを取得者でも、どの業種や職種に強いのかは人それぞれ違います。ビジネススクールで、深く勉強したものがどれかということも重要です。また、取得前の業種によっても専門分野は変わってきますよね。。
どんな業種に強いのかと、それプラスMBA取得によって能力を最大限に生かせることができるということを強く主張して、採用の際には優遇してもらえるようにしましょう。

MBA取得者は幅広い分野で活躍できる!

MBA取得者は、幅広い分野で活躍することができます。そして自分がどの業種で働くのが一番力を発揮することができるのかわかるのも自分です。企業で働く際も、転職する際も、自分の力が最大限に発揮できるようにアピールしていきましょう。